ブランド戦略!選りすぐり事例紹介

ブランド戦略!選りすぐり事例紹介

ブランド戦略は企業価値を高める重要な経営手法です。

 

アップル創業者スティーブジョブス氏のように自社または自社サービスのブランド力を高めることは経営戦略のもっとも大切な視点と言えます。
また、日本人が苦手とする部分でもあります。

 

そこで「ブランド戦略!選りすぐり事例紹介」では、日本や世界の著名企業がどのように成長していったか、つまりブランド価値をつけていったのかを事例でご紹介します。

 

そもそも日本ではブランド構築という発想がなく、広報手段の1つという認識が高いといえます。
電通などの大手広告代理店が中心となってマス媒体で広告を打つことでブランド価値を高めてきました。
しかし海外では専門のブランド構築企業が戦略的にその役割を担っている場合が多いといえます。

 

つまりブランド構築とは大手代理店の力を借りることなく、自社なりに考えていくことで作り上げていけるものでもあります。
ブランディングはデザイン分野だけではありませんが、デザイン戦略はブランディングの重要な要素の1つです。
例えばデザイン会社にロゴマークから名刺・封筒・ホームページ・パンフレットなどを統一的にお願いすることも1つの手法です。

 

要は戦略的かどうか。
自社が主体になってブランド構築をたとえばデザインの依頼から始めるのであれば、クラウド系のサービスを使う手もあります。
(割りと安上がりなので)

 

是非たくさんの事例を見て、自社なりの価値を高めていってください。

 

おすすめ

SOHOデザイナーの活用サイト
Webライティングのコツを紹介
新潟の美容・エステサロン

何のためにブランド戦略は存在するのか

各企業が躍起になって取り組んでいる「ブランド戦略」。

 

ブランド戦略とは具体的にはどういうものなのでしょうか。

 

皆様にわかりやすく解説していきます。

 

 

 

何かを購入するのにどれを選ぶのか悩むことがあります。

 

電気製品、洋服、靴・・・モノがありふれている今の世の中では選ぶことが難しいものです。

 

そんな時、ふと脳裏に「あのメーカーの商品がいいんだよね」という思いが過ぎりませんか?

 

このようにユーザーの頭と心の中にそのメーカーの良いイメージを焼き付け、そのイメージだけで商品を選んでもらう。

 

これが「ブランド戦略」の一番の狙いです。

 

一度選んだ商品がとても良かった、そういう経験があるとそのメーカーに対しての見方が変わります。

 

各メーカーはこのブランド戦略を明確に打ち出し、ユーザーにより印象的なブランドイメージを焼き付けることを最重要課題としています。

 

そして、このブランドイメージはその商品を買うユーザーにとって自分を表現するステータスとなります。

 

このメーカーの製品を持っている自分はかっこいい、センスがある、素敵である、と「ブランドイメージ=ユーザーを映す鏡」となるのです。

 

 

 

例えば、洋服を買うときにいつも必ず決まったお店に行く、という人はその洋服ブランドにどのようなイメージを持っているでしょうか。

 

洗練されている・シンプル・革新的。こんな風に感じるブランドの洋服を着るということは、自分が他人にそう思われたいということを象徴しています。

 

このようなユーザー心理をがっちり掴んで製品の拡販につなげようとするのがブランド戦略です。

 

一度買ったものをいいと思えばもう一度そのメーカーの物を買う、ここにつなげていくことがブランド戦略の最大の目的です。

 

ブランド戦略は各企業にとって「宝」です。よいブランドイメージがなければ競争社会で勝ち抜くことができないといっても過言ではありません。

 

現在各企業ではブランド戦略について全社員に教育をし、ブランドを守るための管理を遂行させています。

 

それでは、企業の具体例からブランド戦略をより詳しく見ていきましょう。